【ペットキャリー GRAMP】

柴犬コロナとソル「子猫の「コロ」」

柴犬コロナとソル「子猫の「コロ」」

犬がコワくなってから、近づくしっぽフリフリわんこちゃんさえも無視続けていた…
*強運*ズッコケSAYU。が、こんなにわんこに癒されるなんて*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
幸せはわんこと共にやってくる。

*強運*…ここでは、いくつものケガや事故にもめげず、不運を幸運に?? 切替バツグンの持ち主のことである。

*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・゜゚・*

今日も散歩、ネコちゃん発見!
暗くて見にくいかな~(^。^)


ここの公園には、たくさんのネコちゃんがいます。そして夜にはネコちゃんの
ボランティアの方がいらっしゃってます。
ずっと散歩をしていると、顔見知りのボランティアさんも出来たりして・・・
いつもコロナとソルに話しかけてくれます。

もともと、猫好きな私。母親が洋裁をしていたので、
猫ちゃんをお外で飼いました。
使わなくなった乳母車を猫ハウスにしてました(笑)
5才ぐらいの時かな?

その猫ちゃんの名前は「コロ」
「コロコロ」転がって遊んで、
「お~い!コ~ロ~!!」って大きな声で
叫ぶと畑を越えた向こうの方から走ってきて
私の胸に飛び込んでくる。
末っ子の私に初めての弟。

猫は高い所から飛び降りても大丈夫!と言って
2階から落とされた「コロ」
あまりのショックで大泣きしたけど
「コロ」は勇敢にも、スタッと地面に足をつき、
何食わぬ顔をして、「コロ」と呼べば飛び乗ってきてくれる。

幼稚園に行きだしたある日、いなくなった「コロ」
いなかから来た猫好きの親戚のおじちゃんに連れて帰られてしまっていた。
そして、その道中の高速で、行方不明になっちゃった。
数か月乳母車そのままにして待っていたけど・・・。
帰ってこなかった。

数年たったころ「コロ」に似てるけどしっぽの短い子猫と出会いました。
やっぱり名前は「コロ」
外の空き地で内緒で飼いました。
冬のいちだんと寒かった朝、近所の悪がきが
「お前が餌やってた猫死んでたぞ~!」
その時の記憶があまりなかったのですが
死んじゃった「コロ」を抱きしめていたのは覚えてます。

「こいつ死んだ猫さわってる。」そう言われても
悔しさは、自分に対してでした。
自分が子供だから、わからなかった。何もしてあげれなかった。
この「コロ」も助けてあげれなかった。

ほんとに命は儚いです。

つぎに飼う仔は、やっぱり「コロ」にしたかったんです。犬ですが(笑)

*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。..。.:*・゜゚・*

Enjoy your happy life with your beloved dogs

楽しい時は、一緒に笑って…辛い時は、癒してくれる。
わんこ達は、大切な家族です。大切な命だから…最後まで守りたい。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ